日本保険サービス株式会社

Topics

相続対策 Vol.10 – 「相続税を軽減するには?」

2014年9月29日

相続税を減らすにはどうしたらよいのでしょうか?

 

相続税を軽減するためには「3つの方法があります。

 

sozokuzei_keigen03

 

相続税の計算方法

相続税の計算は、大まかに以下のような手順となります。

spzokuzei_keisan02

 

① 相続財産を減らす

ご自身で財産を使い、相続財産自体を減らすという考え方です。

もちろん浪費はお勧めできませんが、ご自身の財産をお使いになることで、遺産総額が減り相続税も減少します。
豊かな老後のためにも、ぜひ有意義に財産をお使いください。

 

② 不動産投資や生命保険などが、非課税枠を増やす

財産自体は減らさずに、非課税枠を増やす(相続時の評価額を落とす)という考え方です。
この場合、時価と相続財産評価額との間に開きがあるものが対象となります。
具体的な例としては、不動産投資などがこれに該当します。
アパート経営やマンション投資は、賃料収入を得るだけでなく、相続時の財産評価を下げる効果があります。

また、生命保険は保障を得るだけでなく、相続時の財産評価を下げ、特定の人(長男など)に財産を引き継ぐ事が出来ます。

 

③ 財産の分け方を考える

生前前に財産を移転するという考え方です。
贈与税負担と財産分割を考慮しながら、配偶者とお子様へ財産移転をすることが重要となります。

 

《贈与の方法》
・暦年贈与(1年間で贈与を受けた財産の合計額を基に、贈与税額を計算するもの)
・贈与税の配偶者控除
・子供への住宅資金贈与

などの種類があり、どの手法を組み合わせるかにより、効果が異なります。

 

 

詳しくは、当社までお気軽にご相談ください。


Topics一覧へ戻る