日本保険サービス株式会社

Topics

「なかなか貯蓄ができない…」 見直しポイントとは

2014年1月22日

今日は、なかなか貯蓄ができないという方への見直しポイントをお教えします。

 

食費や光熱費をがんばって節約しているのに、なぜか貯金が貯まらないというご経験はありませんか?

 

下記は、ある家庭の収支内訳です。

こちらを例にして、見直しポイントを考えていきましょう。

 

 

《収支内訳》

=====================================

30代夫婦の例 ※妻:別にパート収入あり(お客様承諾済)

 

【月間収入(夫)】

300,000円(手取り)

 

【月間支出】

・住居費… 80,000円

・食費… 30,000円

・光熱費・水道料金… 10,000円

・通信費… 20,000円

・車のローン… 30,000円

・ガソリン代などの車関係… 15,000円

・医療・衛生費… 40,000円

・夫へのお小遣い… 20,000円

・保険… 25,000円

・雑費… 20,000円

 

=====================================

 

上記の収支内訳を見て、何かお気づきになりましたか?

 

では、特に目につく項目に関して見直しのポイントを挙げてみたいと思います。

 

 

Point. 1: 通信費の見直し

————————————————————-

まず、使っていない通信費があった直ぐに解約をしましょう。

また、お使いのスマートフォンや携帯電話の料金明細を確認してみて、必要に応じて料金プランの変更やオプションの解約なども検討してみてください。

もし、現在スマートフォンをお使いになっていて、スマートフォンならではの機能が不要と感じているのなら携帯電話(ガラケー)へ変更をすることをお勧めします。

 

 

Point.2: 車関係の見直し

————————————————————-

 貯蓄がない状態で車のローンを組むのは、貯蓄が出来ない典型的なパターンです。

 

 

Point.3: 先取り貯蓄

————————————————————-

「先取り貯蓄」という言葉はご存知ですか?

貯蓄の基本は、収入が入ったら貯蓄分をまず先に差し引いて、残りのお金でやりくりすることです。

 

☓ 収入 – 生活費 = 貯蓄

     ↓

◎ 収入 – 貯蓄 = 生活費

 

つまり、将来の収入をあてにして「先取り消費」を行うのではなく、しっかり貯蓄をしてから消費を行う「先取り貯蓄」を習慣づけてみましょう。

 

 

Point.4: 貯蓄を保険で活用

————————————————————-

毎月固定で支払い続けている生命保険を活用するという選択肢もあります。

その保険料をクレジットカード払いにすることで、貯蓄をしながらにして貯まったポイントで旅行や商品などに変えることもできます。

更に、控除の枠も活用しながら、効率的な貯蓄をしましょう。


Topics一覧へ戻る